水平繰り返し載荷試験

IS耐震パネルの実大繰り返し載荷試験結果
・ブレース軸部の座屈を確認した時点で、それを受ける軸部の仕口部の破断が認められない。
・在来の計算で行う事が出来る。
 ※有効断面積としてコラムR部分を除いた直線部のみを有効断面積とする。
   JISの割増係数1.1倍は考えない。
▲ページ上部へ